NEWS

INTERVIEW

Sorry a bootleg pgmは、Chabがあくまで趣味として運営している。Chab自身、収入はトレーディングカンパニーと、フリーランスのグラフィックデザインから得ているのだ。しかし、これはなかなか骨の折れる趣味だ。「量の多さが苦労の多さだ」と彼は話し始めた。「クロネコヤマトに行くのとかね。毎度ヤマトのカウンターに行くたびに、局員は『あなた、また来ましたね』という感じで」。彼は局員から面倒がられるのを覚悟している。「ヤマトの局員が、僕の自宅まで集荷しに行くこともできると教えてくれるけど、どうもそこまで手が回らなくて。いくら面倒でも、自分で持っていくのがいい。梱包し終わった洋服を持って家を出るとき、これで全てが完了したぞという気分になるんだ」。

その日は、鯖江産のサングラス第二弾が全国で出るという当日だった。Chabは立ち上がってデスクに行き、注文のメールが0件の受信ボックスを見せてくれた。「自分で売る分がないんだ。発送は楽だが利益はなくなった。楽をすると儲からないね」。

「たまに、とんでもなく素晴らしいと思えるデザインができた!と思う事があるんだけど」と彼は続ける。
「『このTEEは何百枚も売れる』と内心でつぶやく。それで、いざプリント工場から届き検品の時点で、ようやく『しまった、これはずいぶん変だぞ』と気づいたりする」。Chabはそう言って大笑いした。「全て直感でやっていて、自分自身の直感ではあるけど、たまに自分でも何をやってるのかわからなくなるよ」。しかし、彼のレーベルのカタログを見る限り、その直感での判断は断固として正解だと言えるだろう。

S.B.P.は、Chabが音楽、フライヤー、スケートボードなどのレアアイxahsiofhsighairghpq:hrgqj3rjgprgoqjrw_go@hqrowjg;worjogheqrpoghi2qf;j2j41tu1optjoph43fj;waengliheiqrhgrlisehgjsfoh:dfjohbjaef_jbofdajp:vjfznbdfznbndsbjsod;jfbf_ajb_jsdfjd_fjsbjsodfjbojdsfbjdfsbjogdjbonzxckln kcbksgahgtw:qtpgjrgjorqjgojrqoepghrejjsl/jd/sjg;ar;legme_rmg_qrkphjwtr_jhpw4tkh42h
[53p^o-y45ihgoh5894yhtgjrqegjprjqpgu93ieo4w59uyu9wuyt945wuhy54:wjhj4w5:hj4wjho:jw4thjwptjhtwjohjo_w4tjho_w4jthj_tjor_jhooersb/eajfnb_jna_ofjb_afnb_ajfs